一歩足を踏み入れただけで、居心地がいいとわかるオフィスもあれば、雑然としていてどこか落ち着かないというところもあります。どちらが仕事がはかどり、社員の気分もいいかは言うまでもありません。場所が人に与える影響というのはかなり大きなものがあり、雑然と散らかったオフィスで効率よく仕事をし、そして素晴らしいアイデアを出せるとは、お世辞にもいいがたいものがあります。それほど人の心に大きな影響を与える空間だとわかれば、それを最大限に利用することが社員のモチベーションをあげ、仕事の効率をアップさせ、そして会社の業績アップにつなげられるということになります。快適なオフィスづくりのためにプロに頼んで設計してもらったとしても、それだけのお金を払う価値はあるでしょう。快適なオフィスになれば、みんな見違えるようにやる気を出してくれるかもしれません。

壁のないオフィスを実現する設計を

昨今、大企業に増えているのが、広い部屋に間仕切りがほとんどなく、そこにずらりとデスクが並ぶようなオフィスです。部署の垣根を取り払い、同じ空間に複数の部署が存在するオフィスの設計ですが、確かにこれなら所属部署以外は壁を隔てた別の部屋にあり、何をやっているのかわからないということがありません。また、壁で仕切られた部屋というのは、入社したばかりの人にとっては入るのが怖いと感じる空間になりやすい可能性があります。その点、自分が今いる場所に他の部署もあるというのは、実際に壁がないだけに気分的に楽だと感じられるでしょう。オフィスの設計をするにあたっては、広い空間をいかに効率よく使うかという点でレイアウトがむずかしいという面はありますが、部署同士の交流の壁を文字通りなくすという意味では、空間を広く取ることが重要といえます。

快適なオフィス設計の注意点は何でしょう

オフィスを新たに設計する際の注意点はどのような点でしょうか。一番は機能性のある配置が出来ているかと言う事でしょう。効率性が一番求められますので配置が非効率ですと業務の速度も落ちますし、なによりストレスになります。機能性は一番重要視される所です。快適さも重要な要素でしょう。社員の大部分は業務時にオフィスで過ごします。快適さが求められなければ、当然業務効率は落ちます。緑を置いたり、ちょっとした休憩スペースを設けるのもーつでしょう。最近特に重要視されるのが情報漏洩です。情報漏えいを起こさない為にもきちんとゾーンごとの区分けも大事と言えます。お客様スペースと、社員の業務スペースをきちんと切り離し、なお且つ、情報を使うスペースは更に細分化してガードする必要もあるでしょう。企業が円滑に運営できるのに欠かせない設計は、各部署の意見を取り入れながら満足できるオフィスを目指すのが大事でしょう。