使いやすいオフィスにすることは、仕事の効率をアップさせるためにも不可欠です。入口から入り、奥へと入るにしたがって仕事をするぞという気分を盛り上げてくれるような作りにできたら、社員一人一人のモチベーションも上がってくるでしょう。デスクのレイアウトなど、一つ一つの場所にはこだわるものの、全体を通してみると、どこかちぐはぐということも起こるかもしれません。ちぐはぐにならないためには、一つ一つの置き場所を大切にしながらも、常に全体を把握するようにしておかないといけないということでしょう。入口から仕事をしているのが丸見えになるようでは落ち着きませんが、かといって来客に誰も気づかないくらい、入口が全く見えないというのも困ります。オフィスの設計一つで仕事の効率は上がりも下がりもすることを思うと、専門家の意見を取り入れるのも必要かもしれません。

明るいオフィスに設計してみると

オフィスは仕事をする場所ですが、それと同時にそこで仕事をする社員にとっては長時間過ごす場所となりますので、ほっとする要素も必要なのではないかと思われます。大きな会社ではなかなかむずかしいことですが、ビルの一室を借りてオフィスにする場合、あえて事務所っぽい雰囲気にならないようなデスクや、事務関係の家具を置くというのもいいアイデアです。デスクワークをするとなれば、一般的な事務机に事務いすが定番ですが、そこをあえてカラフルな色合いのデスクとチェアにするなどで、社員の気分も盛り上がるでしょう。仕事をする場所ではあるのだけれど、ちょっとカジュアルな雰囲気を出すことによって、オフィス全体の印象が和むということもあります。堅苦しい仕事場にするより、明るい雰囲気の設計にした方が社員みんなの意見が出やすいというメリットも生まれてきそうです。

オフィスの設計が仕事の効率を左右

かつてのオフィスといえば、エライさんたちが窓際に陣取り、パーテーションなどで仕切りを設けたりして、下の社員からはその姿が目に見えないようにしていたことが多かったと思われます。また、部署ごとに仕切りを設けて、どこがどの部署かがはっきりわかるように区分けされてもいました。最近では、部署同士で連携を取ることが業務の効率化につながり、また、情報の共有も進むという考えから、オフィスの中に仕切りやパーティションを設けないところが増えてきています。これによって、他の部署がどんな風に仕事をしているのかがわかりやすくなりました。他の部署に仕事を依頼するとき、誰に頼めばもっともスムーズにいくかが普段からわかるようなオフィス設計がなされていれば、おそらく仕事はかなり効率よく進むにちがいありません。レイアウト一つで大きく左右されるのが、オフィスという場所です。