オフィスのレイアウトはまさに会社をそのまま表していると言っても過言ではありません。エンターテイメントを主催する会社なら華やかで明るく、大手IT企業なら機能性を重視するなど会社の個性をよく表しています。これは自分の会社の社員に対し、どんな意識を植え付けたいかという会社の意図がオフィスに反映されているからです。また、来客の際にも自分の会社を強く印象付けられるメリットもあります。そのため、オフィスの設計は非常に重要です。多くの場合、業者にお願いすることになりますが、ここが出来を大きく左右します。職場の設計に慣れている業者の場合、ホームページには実績のページがあります。ここでどういった会社と取引しているかを確認しましょう。その後信頼できると判断した業者に依頼をします。この時、どんな小さな物でも良いので自分の会社のオリジナリティを入れるようにしましょう。これだけで他にはない職場の完成します。

オフィスを設計する際のポイント

オフィスを設計する際のポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。まず第一に、これは大変当たり前のことではありますが、働く人々が、いかにすれば働きやすいかを、最も重要に考えた造りにすることが大切です。次に、デザインを良くするということも大切です。一昔前であれば、働く場所のデザインなんて、全く関係ないという人も多かったのですが、近年では、仕事に関する重要なことを、オフィスで打ち合わせたり、契約を結んだりすることも多いため、適当な造りではなく、しっかりとしたデザインであるということが必須となります。その場の雰囲気も良くないと、うまくいく商談の話も、うまくいかなくなってしまうということも、考えられるため、できるだけ商談をすすめやすい場所であるようにうまく設計してもらうと、ビジネスもうまく進むでしょう。

オフィスの設計を依頼する際の注意点

新たに独立をしたり、すでに利用しているオフィスの移転などの際に間取りなどの設計を業者に依頼することがあります。ですが中にはどの業者に依頼すればよいのかわからないという人も少なくありません。そのためまずは依頼前にどういったポイントをチェックしておくかを知っておかねばなりません。まず何と言っても重要なのが依頼に関する費用です。一定の相場はありますが、基本的には業者ごとに差があります。またデザイナーズ物件の場合は別途デザイン料が必要となることもあります。次に挙げられるのが誰が建築を行うかという点です。大手ハウスメーカーに図面の作成を依頼した場合、別のハウスメーカーで建築を行うということはできません。特定の業者に建築を依頼したいのであれば、図面の作成もその業者に依頼しなければならないことがほとんどだと認識しておく必要があります。上記以外にも様々な注意点があるため、よく確認することをお勧めします。

当社はオフィスデザイン、内装を通じてお客様のオフィス内コミュニケーションを活性化して、よりよい企業になるお手伝いをしております。物件探しやデザインなどを行っていて、国内の営業拠点になる、東京・名古屋・大阪に事務所があり、ご要望に応えています。 会社内のコミュニケーションに自然と繋がり連帯感を生みだします。 オフィスの設計を承ります。